コノトキロク

今、この時の記録です。5歳・2歳の兄妹を子育て中です。

我が家のLaQ(ラキュー)「ボーナスセット2018」「ベーシック801」*初めに買うには、どっちがおすすめ?比較してみました!

スポンサーリンク

こんにちは~rikoです。

 

LaQの第二弾です。

今回は我が家で持っているLaQ「ボーナスセット2018」と「ベーシック801」を比較をしてみます。

 

LaQ(ラキュー)ボーナスセットとは?

ベーシックはLaQの基本的なセットですが、ボーナスセットは11月発売の数量限定の商品です。なので、2020年版はまだ発売されていません。例年ボーナスセットは7300円+税の価格で販売されているので、2020年も同じぐらいになりそうですね。

※詳しくはLaQ公式ホームページの商品情報へ(http://www.laq.co.jp/product/)

 

 最新は「ボーナスセット2019年」です。

 
 

 

 

 

我が家のLaQ「ボーナスセット2018」と「ベーシック801」を比較

我が家は「ボーナスセット2018」を購入して、最近「ベーシック801」を追加しました。そのセット内容を比べてみます!

 

前回、LaQ購入のきっかけやおすすめなところ、セットを追加した理由をまとめました↓

www.konotokiroku.com

 

(公式より)価格 7300+税

 

(公式より)価格 12000+税

 

※どちらも生産終了品のためか定価より高くなっているお店もありますので、ご注意ください!

 

LaQ「ボーナスセット2018」と「ベーシック801」パーツの比較

 

パーツ数

「ボーナスセット2018」

基本パーツ1150pcs+スペシャルパーツ18pcs

「ベーシックセット801」

基本パーツ1800pcs+スペシャルパーツ60pcs

 

 

「ベーシックセット801」の方が価格も高いのですが、その分パーツ数も多いです。

ではパーツ種類はどうでしょう?それぞれにのみ入っているパーツを並べました。

 

(撮影用に並べたので、入っている数とは違っています↓)

LaQ(ラキュー)ベーシックセット801、ボーナスセット2018パーツ比較

 

パーツ種類

「ベーシックセット801(青枠)」

 スペシャルパーツ:ハマクロンホイール

 

「ボーナスセット2018(赤枠)」

基本パーツ:クリア色

スペシャルパーツ:ハマクロンミドルサイズホイール、シャフト

パーツリムーバー

 

クリア色はきれいですが基本パーツなので、大きな違いはスペシャルパーツのホイールですね。

ホイールは他にミニホイールがあり、こちらはどちらのセットにも数は違いますが入っています。

 

パーツリムーバーは外しにくい時にあると便利です。ほとんど手で外せますが、ホイールからパーツを外す時などに使います。

 

LaQのパッケージには、側面にパーツ一覧表が載っています。店頭などで比較する場合はこちらを見るとわかりやすいです!

LaQ(ラキュー)箱側面パーツ一覧

 

LaQ「ボーナスセット2018」と「ベーシック801」作り方ガイドの比較

それぞれ作り方のガイドブックが1冊入っていました。

LaQ作り方ガイド比較

同じ作品もありますが、ほとんどが違う作品です。両方買うと作る作品が増えますね。
 
パーツの違いによって「ベーシックセット801」にはハマクロンホイールを使った作品、「ボーナスセット2018」にはミドルホイールを使った作品があります。
 
 
そして、こちらは「ボーナスセット2018」のみに入っていた作り方ガイド↓

LaQボーナスセット2018の作り方ガイド

平面作品ガイドが3枚、立体が1枚入っていました。初めてLaQをやるのに平面作品はぴったりです。こちらは原寸大の平面図なので、実際のパーツを合わせながら作れます。
 
「ベーシックセット801」ガイドブックにも平面作品が少し載っていますが、紙で大きく広がるこちらの方が使いやすいですし、載っている作品も多いです。
 
LaQは立体も平面の作品も作れるのがすごいですね。
 

LaQ「ボーナスセット2018」と「ベーシック801」収納ケースの比較

どちらのセットにもケースが付いています。
左が「ボーナスセット2018」、右が「ベーシックセット801」のものです。

LaQ収納ケース

 

「ボーナスセット2018」のケースは仕切りなど付いていますが、軽い素材であまり耐久性はなさそうです。また閉める時、きちんと合わせないとしっかり閉まりません。

ボーナスセットの価格を考えると、ケースが付いているだけありがたいのかも…

LaQボーナスセット2018のケース

 
「ベーシックセット801」は衣装ケースのような硬い素材のプラスチックケースが付いていました。仕切りはありませんが、容量は大きいです。我が家はボーナスセットのLaQをすべて移動させました!

LaQベーシックセット801のケース

 

 

LaQ「ボーナスセット2018」と「ベーシック801」*初めに買うには、どっちがおすすめ?

我が家にある2つのセットを比較してきました!
 
そして、私がLaQを初める方におすすめしたいのは「ボーナスセット」です!
 
一番の理由は、作り方ガイドが充実していること!
 
初めての子でもわかりやすい平面作品のガイドがすごく良いです。またパーツ量や種類のバランスもよく、平面から立体までたくさんの作品が楽しめます。収納ケースは少し残念ですが、他はとても満足度の高いセットだと思います。
そしてボーナスセットという名前の通り、価格もお得です!
 
我が家は息子がLaQにはまったため、後から「ベーシックセット801」を追加しました。追加する時は違うパーツが入っているセットを選ぶといいと思います。しっかりしたケースが付いてきたこと、大きいホイールパーツで作る作品が増え、こちらも満足しています。
 
ただ大きいホイールパーツは使いこなすのが難しいとも思ったので、やっぱり初めは「ボーナスセット」が良いですね。
 

まったくの初めてにはLaQミニセットがおすすめ

我が家は息子の幼稚園にLaQが置いてあり、好きなことがわかっていたので初めからセットを購入しました。
 
でもLaQ良さそうだけど、まったくの初めてで子どもがやるかわからないって場合もありますよね。
 
そんな時はお手頃なミニセットがおすすめです。 

LaQスイートコレクションミニピンク作成

こちらは「LaQスイートコレクション ミニピンク」にあったイチゴのカップケーキという作品です。

前に購入したミニセットですが、久しぶりに作ってみました。 クリームの部分が難しく、作るのに時間が掛かりました…笑

大人でも熱中します!実際に作ってみるとLaQの楽しさがわかると思います。

 お手頃なミニセットは他にもありますが、どれもパーツ自体は同じなので一緒に使えますし、お試しにちょうど良いですよ!
 
 
 
 
少しでも参考になれば嬉しいです。
ではでは~

スポンサーリンク