コノトキロク

今、この時の記録です。子育て、家事など、日々の出来事を書いていきます。

【ペーパードライバー講習③】ペーパー歴10年の主婦が講習を受けて感じたメリットとデメリットとは?

スポンサーリンク

こんにちは~rikoです。
長くなってしまいましたが、ペーパードライバー講習シリーズも今回で最後です!

今回は、出張講習のメリットやデメリット、その他に練習したことをまとめていきたいと思います~

 

①・②はこちら↓

www.konotokiroku.com

 

 

www.konotokiroku.com

 

 

f:id:konotokiroku:20190515133621j:plain


出張ペーパードライバー講習のメリット

 

1.ペーパドライバー専門の先生のであるため、指導がうまい
常にペーパードライバーの指導しているので、初心者の傾向や不安を理解した上で、説明をしてくれました。「大丈夫!できるようになるよ」と話をしてくれたのを覚えています。

 

2.自宅近くで運転の練習ができる
先生が自宅まで来てくれるので、実際に運転したい道を練習することができます。自宅周辺の住宅街やスーパー、病院などへの道を実際に運転しながら、要所要所で注意点を教わりました。
あと自宅まで来てくれるので、自動車学校まで通う時間がかかりませんね。
  
3.自宅の車庫入れ練習ができる
自宅まで帰ってきた時に、車庫入れ練習も行いました。実際に停める場所なので、ありがたかったです。私は帰りに駐車するだけでしたが、もし駐車を重点的に練習したい場合、相談するとよいと思います。

 

4.マイカーでも練習ができる
私のスクールはある程度、教習車で練習してからという方針でしたので、マイカーでの教習はしませんでしたが、実際運転する車で練習ができるのは良いですよね!スクールによって最初からマイカーのところもあります~


出張ペーパードライバー講習のデメリット

 

1.費用がかかる
私が受けたスクールは1回2時間で1万円で自動車学校と同程度の費用でしたが、他スクールを検索すると出張型は自動車学校よりも費用が高いところが多いです。また近くにスクールがない場合、出張料金も掛かってしまいます。

 

2.予定を合わせるのが難しい
私の場合ですが、夫に子どもを預ける必要があったため、土日に限定され、夫の都合もあり、予定を合わせることが難しかったです。そのため、1回目から2回目の間が1ヶ月も空いてしまいました。平日であれば、もう少し続けて練習できそうでした。

 

3.先生との初対面での緊張感
講習で初めて先生に会い、2時間の講習を受けますので、初対面での緊張感があります。また危ない時は当然、注意を受けるので凹みますが、その辺りは覚悟をもって受けないといけないですね!

 

1.2.3とも「出張」でなくても自動車学校に通った場合も当てはまるデメリットですね。例えば、夫や両親などに教えてもらえば、こういったデメリットはありません。ただ私自身は出張講習でプロに教わったことで不安が減り、運転できるようになったので、メリットが大きかったです!


その他に練習したこと

軽自動車とチャイルドシートも購入したことで、運転環境も整いました!休みの日に、夫を助手席、子どもたちも乗せて、とりあえず行きたい幼稚園やスーパーへの道を練習しました。スーパーの広い駐車場で、駐車の練習もしました!


また夫の運転もよく観察するようになりました。以前は乗っているだけで、ぼぉーとしたり、スマホみてたりでしたが…笑 

私も運転しているつもりで、夫の操作や周囲など見て、わからないことを質問したりします。運転技術が上がるよう夫も色々と協力してくれます~


そして、自動車学校の教本、学科と実技も読み返していました。夫は、そんなの読まなくても…って感じでしたが、忘れていることも多く、読んで良かったと思います。
ちなみに自動車、練習すると父に連絡したら、わざわざ新しい教本を自動車学校で買ってきてくれました!笑 古い本を実家から持ってこようと思っていたのですが、新しい方がよいと思ったみたいです。

 


さいごに

ペーパードライバー講習について①~③とまとめてきました。車の運転を始めてから1年、近所ばかりですが、スーパーでの買い物や子どもたちの病院など、とても楽になりました!

 

ただ交通事故の悲惨なニュースを見るたび、運転って怖いなという気持ちになります。そういう気持ちを常に忘れず、気を引き締め、慎重に運転をしていきたいです。


安全運転には、操作や確認の正しい方法を習慣づけることが大切!そのための最初の一歩としてペーパードライバー講習を受けたのは学ぶことが多く、とても良かったです。まだまだ初心者な私ですので、気を抜くことなく学んだことをしっかり心掛け、これからも運転していきます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


ではでは。

スポンサーリンク