コノトキロク

今、この時の記録です。5歳・2歳の兄妹を子育て中です。

*刺しゅう初心者「樋口愉美子のアップリケ刺しゅう」を参考に手作り巾着*

スポンサーリンク

こんにちは~rikoです。

 

大変な状況ですね。

何か家の中でできることということで、また久々に…笑

 

刺繍好き

 

もともと刺繍の物が好きで、お店などで見かけると心惹かれてしまいます。

手の込んだ感じ、プリントとは違う立体感、糸で描いているような…

 

服やポーチ、雑貨など、結構見かけますよね。

ラニフは刺繍の服がたくさんあり、好きなブランドです。


 

 

袖口だけなんだけど、黄色の花が目を引きますね。Tシャツということで、子育て中でも着やすい!

 

 グラニフは絵本とのコラボデザインも可愛いですよね。メンズ・レディース・キッズとあるので、親子や家族でも着れます!

 

刺しゅう初心者におすすめな技法「アップリケ刺しゅう」

 人気刺しゅう作家の樋口愉美子さんのこちらの本


 

 見るだけでも素敵な本ですが、

こちらを初心者にお勧めしたい理由は「アップリケ」

アップリケとは土台となる布の上に、別の布を縫い合わせる技法のことです。

 

この本の前書きには、こう書かれています。

”大きな面を表現しやすいアップリケに刺しゅうによる繊細な表現を組み合わせました

  ⋮

アップリケ刺しゅうは、とても手軽に、短時間で仕上げることができ、手芸を新たにはじめる方にもはいりやすい技法です。”

 

初心者には大きな面を刺繍するというのはハードルが高いです。刺繍の線がぶれたり、面を埋めるのにすき間があいてしまったり…見栄えも悪くなってしまいます。

 

ですが、こちらの本には大きな面を刺繍ではなく布を使うことで、刺繍は少なくなりますが、布と糸の組み合わせによる素敵なデザインが多くあり、初心者には挑戦しやすいです!

 

刺しゅう入り巾着

 

 

樋口愉美子アップリケ刺しゅうを参考に刺繍

この図案の一部を参考に(ちゃんと図案を写してないので、だいぶ違いますが…)

 

練習しつつ、作れるのがいいですね。

初心者に大切なのはあまりこだわりすぎないことです~

 

 

 

やってみると、きれいに作品を作るのに必要なことって膨大です。

図案を写す、布のカット、刺繍などの縫う技術、ミシンの技術、適切な道具、そして材料の色合わせのセンス・・・刺繍糸は本にも番号がついていますが、布はまったく同じものを探すことは難しいと思うので、そのあたりが個人のセンスですよね。

 

でもやってみないと上達しないので・・・あんまり考えすぎずに自分の楽しめる範囲で、完成させることが良いと思います。じゃないと作れない…笑

 

 同じものは作れなくても、作り方を学んでオリジナルにしてみるのも…

ということで、自分デザインでアップリケ刺しゅうをしました。

まだ1年以上先ですが、娘の幼稚園用にうさぎとねこを作成し巾着袋にします。アップリケだと大きなサイズも簡単です。

うさぎと猫のアップリケ刺しゅう

 

初心者でも形になったので、達成感がありますね!

アップリケ刺しゅう部分はこどもの相手やテレビを見ながらで、2時間ほど作成できました。

 

刺しゅう巾着の裏がわ

 

裏側は糸がぼこぼこしてしまうので、裏地をつけて巾着袋に。

うさぎの方は完成しましたが、ねこは表にあう裏地の布がなくなって途中です~

紐もないのでお店で色々見たいですが、もう少し先になりそうです。

 

でも表地はあるので、また新しいアップリケ刺しゅうをしようと思います!

 

ではでは。

スポンサーリンク