コノトキロク

今、この時の記録です。5歳・2歳の兄妹を子育て中です。

数字を遊びながら覚える『数字盤』を3歳娘用に手作り♪ねんどで作った「数字マグネット」に合わせ、ハート満載なデザイン!

スポンサーリンク

こんにちは~rikoです。

 

先日、ダイソー『もちっとのびーるねんど』で作成した数字マグネット

www.konotokiroku.com

 

これを活かして、3歳の娘用に「数字盤」を手作りしました。

数字マグネットに合わせ、ハート満載なデザインです。

これぞ手作りの良さ、醍醐味かな~笑

手作り数字マグネットで数字盤*3歳の娘用にハートデザイン

 

 

 

 

 

数字盤の材料(すべて100均)

追加で購入したものは、こちら。

数字盤を手作りするために購入したもの(キャンドゥ)

追加で購入したもの(キャンドゥ)

写真のものは、出掛けた先にあった100円ショップ「キャンドゥ」で購入しましたが、他の100円ショップにもあると思います。

その他、自宅に合ったものを含め、使った材料はこちらです。

 

・A4ファイルケース(収納用)

・ホワイトボード

・マグネットシート 

・ハートのスパンコール

・OPPテープ

・ボンド

 

 

ハートのスパンコールが自宅にあったので使用しましたが、少々面倒です…笑

ボンドで貼付後、OPPテープでスパンコールの剥がれ防止対策をしています。

こちらはスパンコールではなく、シールを使うと作るのが簡単で良いと思います!

 

 

数字盤の作り方

娘には「1~12」までの数字盤を手作りしました。

「数字へ興味が出る」

「数字の形を覚える」

「個数と数字を一致させる」

こんな目標で、遊びながら数字を覚えてくれるといいな~と作ってみました!

 

①マグネットシートを切る

ハートのスパンコールで『個数』を表せるよう、並べられる大きさで切ります。

100均材料で数字盤を手作り①マグネットシートを切る

②切ったマグネットシートにハートのスパンコールをボンドで貼る

100均材料で数字盤を手作り②マグネットシートへスパンコールを貼る

③剥がれないように、上からOPPテープを貼る

スパンコールを使ったので、テープで剥がれ防止!

OPPテープを上から貼りましたが、空気が入ったり、きれいに貼るのが難しかったです…

100均材料で数字盤を手作り③OPPテープでマグネットシートをカバー

④『1~12』まで作成し、完成!収納は、A4ファイルケースへ

100均材料で数字盤を手作り④完成!収納はA4ファイルケースへ

 

数字を「1~12」まで作成したので、時計あそびもできるように長針と短針を作成しました!

100均材料で数字盤を手作り*時計遊びもできるように時計の針も作成!

 

 

手作り数字盤の遊び方

こんな感じで、『数字盤』で遊ぼうと思っています。

**かず**

・数字マグネットを順番に並べる

・個数マグネットを順番に並べる

最初は12までではなく、5までと数を絞ってやった方が良さそう。 

小さい順ができるようになったら、逆に大きい順から…と変えたり、工夫すれば、長く遊べそうです。

 

・「数字」と「個数」対応するマグネットを選ぶ。

100均材料で手作りした数字盤で遊ぶ様子

それぞれの「数字」と「個数」が一致するように練習です。

写真だと8と9が反対になっていますね!笑

まだまだ手伝わないと無理ですが、だんだん覚えていくはず…

 

**時計**

・「これは、何時?」と問題を出す

・時計の形を作る

 

時計は、3歳の娘には、難しいですが…5歳の息子に良さそうです。

時計の形に並べるのも、ただ円状にするときれいに並べられない…12と6、9と3が真反対などと位置を教えるときれいに並べることができました。位置関係がわかって良さそうでした!

 

 

 手作り数字盤の感想

ダイソーで購入した「もちっとのびーるねんど」でハートの数字マグネットを作ったので、それに合わせ、ハートデザインの数字盤を手作りしました。

キラキラやピンクが好きな娘、興味を持って遊んでくれそうです♪

子どもの好み(自分の…)にできるのは手作りならではの良さですね。

 

今回は数字マグネットから手作りしていますが、100円ショップに数字マグネットは売っています。

www.konotokiroku.com

 

個数を表したマグネットもシールなど色々売っているので、お子さんの好きなものを選んで作ってみても良いですね。

 

今年の夏は、出掛けることが難しいですね…

家でできることを工夫していきたいと思います~ 

 

お庭プール

www.konotokiroku.com

 

 お絵描き用紙

www.konotokiroku.com

 

少しでも参考になれば、嬉しいです。

ではでは。 

スポンサーリンク