コノトキロク

今、この時の記録です。5歳・2歳の兄妹を子育て中です。

【おすすめ絵本】娘2歳のお気に入り『しろくまちゃんのほっとけーき』

スポンサーリンク

こんにちは~rikoです。

 

最近、娘がお気に入りの絵本

わかやま けんの『しろくまちゃんのほっとけーき』をご紹介します。

 

知っている方も多いのではないでしょうか?

こぐまちゃんの絵本シリーズの中の1冊で、こぐまちゃんと仲良しの女の子「しろくまちゃん」が主人公です。初版は1972年発行なので、私の子どもの頃からあった作品ですね!今も人気の絵本です。息子に買ったのですが、今、娘がお気に入りです。

  

 
 

こぐまちゃんえほんセット

 
 

しろくまちゃんのほっとけーき』の感想

しろくまちゃんとお母さんがホットケーキを作る様子が順を追って、丁寧に描かれています。

かき混ぜる音、ホットケーキが焼ける音、あたたかいホットケーキの様子…などなど

たくさんのオノマトペで表現されています。

ごとごと、ぴちぴち、ぷつぷつ、ほかほか…そんな豊かな表現がホットケーキを美味しそうに感じさせるのかも!

 

「しろくまちゃんのほっとけーき」絵本

 

ちなみに娘は、しろくまちゃんが『ぽとん』と誤って卵を床に落としちゃうところが好きです!失敗にニヤッとする…笑

 

「作る・食べる・片付ける」とホットケーキ作りの流れが楽しそうに、わかりやすく描かれ、きっと娘にも伝わってるはず。

 

 こぐまちゃんシリーズは独特でカラフルな色使いとはっきりとした線で、こぐまちゃんの絵本と一目でわかる印象の強いものです。

しろくまちゃんのほっとけーき』では、しろくまちゃんの表情はあまり変わらないのだけど、想像させるようで、そこも良いところ。

しろくまちゃん、可愛いです。

 

 

娘の様子

娘(2歳)は最近、料理にも興味が出てきたみたい。

『やってみたい!』とキッチンの私のところへ踏み台持参でやってきます。

キッチンに立つ私を押しのけて入ってきて、やる気まんまん!笑

危ないし、今はできることも少ない・・・娘を言い聞かせるのも大変です。

 

でも、まだ小さな娘でもやれることがホットケーキにはあります。

卵を割る、牛乳を入れる、粉を混ぜる

ホットケーキ生地ができるまではお手伝いします。

絵本には粉が飛び散っている様子もありますが、まさに絵本と同じような状態に…笑

 

 私は料理苦手なので、上手になるといいな~と願いつつ、娘がやるのを見守っています。時間と気持ちに余裕がある時にやるのが良いですね~

 

娘の中では、絵本と現実のホットケーキ作りがつながっているのかな?だからお気に入りなのかも!「読んで」と持ってくる、ナンバーワン絵本です。

 

私にも気づきが…

ホットケーキって「ホットケーキミックス」がないと作れないと思っていた私。

息子が食べるようになってからは、定期的にホットケーキミックスを買い、袋の作り方どおりに作っていました。

 

娘が絵本を読むようになって、やっとこさ「ホットケーキって絵本の通り作ってもできるんだよね??」と気づきました…笑

 

そこで、ふくらし粉の「ベーキングパウダー」を購入

実はホットケーキミックスを買い忘れて、作ろうとしたら無いってことが結構あったんです。でもベーキングパウダーなら、すぐ無くならない。

あとの材料は小麦粉、砂糖、牛乳、卵はだいたい家にあるもの。

 

ホットケーキミックスと比べると物足りない気もするけど、子ども達は変わらず食べてくれるし、私も作りやすくなりました。

 

 

最近スコーンも・・・

ネットで調べた作り方はホットケーキミックスだったけど、小麦粉などに置き換えて作りました。

ちょっと応用できるようになったかも!?? 美味しかったです!

スコーン手作り

 

私も絵本と現実がつながる経験ができました。

娘もまだ小さいけれど、絵本とともに思い出してくれるといいです。

 

 

 今回は、わかやま けんの『しろくまちゃんのほっとけーき』をご紹介しました。

 

以前、紹介した絵本はこちら↓

www.konotokiroku.com

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

 

ではでは。

スポンサーリンク