コノトキロク

今、この時の記録です。6歳・3歳の兄妹を子育て中です。

小学1年生の息子がハマっている『最強王図鑑』シリーズ!おすすめなポイントなど、まとめます♪

スポンサーリンク

こんにちは~rikoです。

小学1年生の息子が最近、ハマっている「最強王図鑑」シリーズ

YouTubeやゲーム好きで、なかなか本を読む機会がない中、自発的に手に取って読んでいるので、購入して良かったなと思っています。

購入した書店の児童書コーナーでも平積みされ、今、人気な「最強王図鑑」シリーズ!息子の様子から、「どんなところが面白いのか」をまとめてみます~

小学1年生の息子がハマった最強王図鑑シリーズ(異種最強王図鑑)

 

 

「最強王図鑑」購入のきっかけは『チョコエッグ

一緒に入ったコンビニで、息子が見つけたチョコエッグ

普段、チョコエッグはお菓子としては高いので、あまり購入しないのですが、パッケージのカッコよさに惹かれ「欲しい!!」というので、試しに1つ購入してみました。

中から出てきたのフィギュアは「龍」

小学1年生の息子がハマった最強王図鑑シリーズ(異種最強王図鑑)チョコエッグ

暗闇で光るやつです~

これが、息子に超ヒット!

ものすごく気に入り、習い事に行く時にも持ち歩き、先生に見せるほど…

(「神龍(シェンロン)?」って聞かれてた。先生もドラゴンボール世代…笑)

ということで、かなり「龍」にハマった息子

チョコエッグの元になった「異種最強王図鑑」を購入してあげることに!

 

「異種最強王図鑑(闇の王者決定戦編)」おすすめポイント

最強王図鑑シリーズとしては、動物、恐竜…と、いくつか出版されています。

最強王ということで、それぞれのテーマの登場選手たちが対戦トーナメントで戦っていくという流れになっています。

我が家の行った書店では、今人気ということで平積みで、全シリーズの試し読み本も置いてあり、かなり息子は迷っていました!

結局、選んだのは、チョコエッグとなった「異種最強王図鑑(闇の王者決定戦編)」です。

 読んでみて、おすすめなポイントを挙げてみます!

全ページがカラー!迫力のバトルシーンで、戦いの行方が気になる!!

とにかく絵がきれいで、迫力があります。「異種最強王図鑑」に登場する選手たちは、妖怪、幻獣、悪魔ということで、実在しない存在ですが、カラーで色鮮やかに細部まで描かれたイラストです。対戦トーナメント形式で戦いが行われていきます。

バトルシーンは、そんな迫力のある絵がメインで、実況のような文章が添えられています。ただ文章は長くなく、数行でまとめられ、子どもでも読みやすい。また、それぞれの選手の鬼気迫る表情もカッコいいです!

まさに息子が好きそうな要素満載でした◎

伝説等に基づき、知識も増え、想像力が豊かに!

「異種最強王図鑑」に登場するのは、妖怪、幻獣、悪魔

学習という面を考えると、遠い存在?って思うかもしれないですが、それぞれ世界や日本の伝説や書物に登場するもので、その由来にも触れられており、歴史や背景は大人が読んでも面白いです。

目には見えない異形の存在って、怖いような、でもワクワクしますね。私としては、こういったものが想像力の原点になるって思うので、好きなら、どんどん読んでほしいところです。

 

ちなみに最近人気な『呪術廻戦』

こちらにも登場する「両面宿儺(りょうめんすくな)」も選手として登場しています!日本書紀などに記載があり、こういった由来から着想を得てるのかな~と新しい発見がありました。

『呪術廻戦』Amazonプライム でアニメ見ました!面白かったです♪ 

 

 

細かな字&漢字+フリガナで、本を読む力が付きそう

絵がメインのページ構成なので、字数としては少ないと思います。ただ字は小さめなので、注意深く見て読まないといけません。それがかえって集中するかも?息子は細かい字でもじっと読んでます。難しい漢字も出てきますが、「ふりがな」付きなので大丈夫そうです!

本って、字が細かいだけで、「うっ…」て抵抗を感じますよね…笑

子どもには、本を読んでほしいと思っても、言って読ませるって難しい。興味があるからこそ、読み進められるんだな~と感心します!

字に慣れる本に慣れるといったところで、本を読む力が付くのでは?と、ちょっと期待しています。

興味を持って楽しめる「最強王図鑑シリーズ」 

次に選んだのは「昆虫最強王図鑑」

 さて、上の「異種最強王図鑑」が息子にハマったので、さっそくもう1冊、購入してしまいました。またも息子は書店で試し読みしながら迷っていましたが、「昆虫最強王図鑑」を選びました。

こちらの図鑑で登場する「昆虫」は実在するものですが、その昆虫の性質や特徴を元にした対戦トーナメントは、架空のシミュレーション。その点は「異種最強王」とも同じですね。ただ実際の性質や特徴を元にしているので、知識としても学べます。またこちらも細部まで描かれたリアルなイラストで、バトルシーンがカッコいいです!

同じシリーズなので、対戦トーナメントという本の流れは同じですが、テーマによって監修やイラストの方が違うので、こだわって作られているなと思います。

小学1年生の息子がハマった最強王図鑑シリーズ(異種最強王図鑑・昆虫最強王図鑑)

 

興味を持って楽しめる「最強王図鑑」シリーズ!

息子が自分で選んだってこともあり、自発的に読んでいる「最強王図鑑」!いろいろなテーマで「最強王図鑑」が出ているので、興味や好みによって選ぶことができます。”対戦トーナメント”という普通の図鑑とは違う切り口ですが、それが息子にはハマりました!

出版元、学研のYouTubeもあり、見ると「本の内容がどんな感じか?」もわかります。

(実況っぽいです!)


www.youtube.com

 

『最強王図鑑』で検索すると、同シリーズが出ますので、興味がある方は見てみてください♪私は「妖怪最強王図鑑」が気になっています!

 

以上 小学1年生の息子がハマっている「最強王図鑑」について、まとめてみました!

さいごに息子が小学校で書いてきた作文↓

小学1年生がはまっている『最強王図鑑』息子作文!

「最強王図鑑」の内容にまったく触れてなくて…チョコエッグ強し!笑

 

コロナ禍で自宅で過ごす時間も増える中、夢中で読める本が見つかってよかったです。

 

読んでいただき、ありがとうございます。少しでも参考になれば、嬉しいです。

ではでは

スポンサーリンク