あえて、そのままケースに入れちゃうLaQ(ラキュー)収納!そのメリットは?遊びの中で学ぶこと

こんにちは~rikoです。

LaQ第三弾です。

今回は、LaQ収納について考えたことをまとめます~

今までのLaQ記事はこちら

我が家のLaQ収納は?

紹介するほどでもないのですが、「ベーシック801」についてきた収納ケースに全部入れています。

LaQベーシックセット801収納ケース

クリアパーツのみ小さいタッパーに入れてますが他は分けることなくバーンと入れました!「ボーナスセット2018」と「べーシックセット801」のパーツが入っています。まだケースに余裕があるので、よく使うガイドブック2冊も入れてます。

こちらLaQのシールが貼ってあるもののケース自体は、よくあるプラスチックケースとあまり変わりません。同じようなものをホームセンターなどで買うのも良いと思います!

片付けるのが楽なのがメリット

とにかく、LaQ収納ケースに入れるだけなので片付けは楽です。作った作品もサイズによりますが、そのまま入れたりできます。息子5歳もポイポイと入れて片づけします。私も大雑把なので、気にせず入れるだけが楽です!

パーツ探しは大変だけど…それもメリット

先日、こちら「ハマクロイドレジェンド」を作りたかった息子

LaQハマクロイドレジェンドの羽
「ハマクロイドレジェンド」羽もついてます!

顔までは作ったところで、「手伝って!」ということで親子で作業することに…

バーンとすべて入れた状態のLaQなので、当然パーツ探しにも時間が掛かります。

(作り方ガイドより:基本パーツ773+スペシャルパーツ22でした!多い…)

最初は私、息子と別々で胴体、腕などの部分をそれぞれに作りだしました。

パーツ探し、作り方見る、つなぐということを繰り返す作業…

しかしながらLaQ「ハマクロイドレジェンド」(伝説!)な大作なので、作るのは大変!!

しばらくすると疲れてくるだめな大人な私…

そこで提案

「お母さんがパーツ探すから、作って~」

「わかった!」

そう、母は作ることを投げ出しました…笑

ということで、私はパーツ探し、息子が作成ということに。

自然(?)と役割分担という流れになりました!

なんてことない親子の会話ですが、実はこういう経験が将来の社会性になるのでは!?

作業を分担して、同じ作業に集中させることで効率的に!??…なんて言いますが私が疲れただけです。

ちなみにバトンタッチした夫も、しばらくすると同じ提案をしていましたよ!笑

遊びの中で学ぶこと

多数のパーツが入っている中から、使いたい色と形のパーツを探すということも集中力を使います。

細かいパーツだとなかなか見つからないこともあり、イライラっとするかもしれません。

LaQパーツ
ここから探します!

でも息子は文句も言わず、むしろ夢中で探しています。

確かにパーツが色ごと、種類ごと、分けてあればもっと早く作ることができるけれど、子どもにとっては探すことも楽しい遊びなのでは?と感じます。

こうやって遊びの中で発揮される『集中力』がいずれ役に立ってくるといいです~

今回はLaQをそのままケースに全部入れた収納方法のメリットを考えてみました。

今のところ息子は何も言わないので、このままにしておきます。

パーツを分けておくと早く作れて効率的!って発想がでたら、一緒に収納方法を考えたいなと思います。

そこまで、思い付くかな??どうかな?

少しでも参考になれば、嬉しいです。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)