コノトキロク

今、この時の記録です。6歳・3歳の兄妹を子育て中です。

【楽天証券】つみたてNISAを夫婦で積立中♪夫婦で『つみたてNISA』を始めた理由と運用実績!

スポンサーリンク

 我が家は現在、楽天証券で「つみたてNISA」を利用し、投資信託を積立中です。

どうして「つみたてNISA」夫婦で開設したのか?また始めるまでに考えたことなど、まとめてみたいと思います!

【楽天証券】夫婦でつみたてNISA積立中!その理由など

 

家計管理は専業主婦の私が担当

我が家の家計管理は主に私がしています。

 

夫は、ほぼノータッチ!

家計状況など、報告はしますが「へぇ~」といった感じで、そこまで興味がなさそう…

お小遣い制ですが、その範囲でやりくりしてくれています!

 

私の方は、お金の管理や知識を得るのは好き。

前に人事部の勤務で、年末調整などもあり、制度を知ることは大切だと思いました。

 

前に「職業訓練校」に通って、簿記2級や税法検定を取得しています↓

雇用保険・追加給付の案内が来た!当時通った「職業訓練校」で簿記2級と税法検定2級を取得した話 - コノトキロク

 

 ということで結婚してから、ずっと家計管理は私が担当しています。

今は、専業主婦で『収入』はないけれど、その分、より良くお金を使いたい!という気持ちで、色々調べたり、本を読んだり…という習慣が付きました。

 

家計管理を始めた頃は「節約」が中心でしたが、「効率的にお金を使う」、「収入を増やす」、「投資」へと視野が広がっていきました。

 

 

夫婦で「つみたてNISA」を開設した理由

それは『 ”非課税”という税制優遇というメリットを夫婦2人分、受けるため 』です。

 

「つみたてNISA」夫婦なら非課税枠も2倍

「つみたてNISA(もしくはNISA)」口座は、1人1口座しか持つことができません。

我が家が選択した「つみたてNISA」の場合、積立額は毎年40万円まで。

個人でそれ以上の金額を積立したいと思っても、「つみたてNISA」口座では積立できません。通常課税の口座で積立することになります。

 

「つみたてNISA」は、利益に係る税金の20%が非課税になることが大きなメリットですよね。夫婦であれば、40万円×2人で、毎年80万円を非課税の「つみたてNISA」で積立することができます。

同じ金額を積み立てるのであれば、“2人分”でやった方が有利』という結論に!

というわけで、夫に目的やメリットなどを説明し、了解を得て、夫婦とも楽天証券で「つみたてNISA」を始めました。

 

夫婦で「お金のことを考えること」はとても大事!「つみたてNISA」のことだけじゃなく、お互いに色々と話せるといいですね。 

 

「つみたてNISA」以外に「NISA」という選択もあるかと思いますが、長期的に定額を積立する「つみたてNISA」の方が我が家に合うという判断をしています。

 

楽天証券「つみたてNISA」を選んだ理由は、こちらに書いています↓ 

【楽天】『積立投信・クレジットカード決済』は、家族カード利用不可!そこで自分の新規カードを発行♪ - コノトキロク

 

夫婦で「つみたてNISA」開設前に考えたこと

 「つみたてNISA」年40万円まで積立できるということで、我が家は毎月33,000円

夫婦で33,000円×2人分、毎月66,000円を積立しています。

我が家にとって、大きい金額です。

「毎月これだけ積立して大丈夫??」ということで、お金の流れや予定を考えました。

 

①預金とのバランス 

現金をどれぐらい残して、どれぐらい投資に回していくか?ということを考えました。

「つみたてNISA」を始めるまでは、ほぼ銀行預金!

投資「0」だったので、一気に投資へ回すことは怖い…

なので「つみたてNISA」で預金が徐々に投資へ回っていくという状態を選びました。

ドルコスト平均法と言われるメリットもありますね!

 

毎月の収入から全額出せているわけではないので、銀行預金の残高は下がりますが、最低限で持っておきたい現金額はキープされています。「最低限の現金」は家庭によりけりだと思いますが、その額を考えてみることは大切だと思います。

 

現金の状況と投資「0」な状態を踏まえ、夫婦2人分の66,000円を積み立てることにしました。

もし今後、状況が変わった場合でも「つみたてNISA」は積立額を減らすこともできますし、売却して現金化も可能なのは、安心なところです。

ただやはり、長く運用するメリットが大きいと思うので、継続できるよう家計管理したいなと思います!

 

②今後のお金の支出予定 

今、我が家の子ども達は小学1年生と年少です。

子どもが小学校時代が貯めどき」なんて聞いたりしますが、まさにその時期に入りました。(娘の幼稚園も無償化で、息子の時より安い!)

 

我が家は小中は公立なので、しばらく子どもに関して大きくお金が掛かる予定はありません。

また住宅も住宅ローンですが、購入済なので「頭金」を貯めたいとか、車もしばらく乗るので…と教育・住宅、車…すぐにこれといった大きな支出予定がありません。

 

「つみたてNISA」の目的は、10年以上先に掛かる子どもの「教育資金」の大学費用と夫婦の「老後資金」です。長期的に運用する期間があるので「つみたてNISA」が制度ともちょうど合います。

 

仮に2~3年後、決まった金額が必要という予定なら、「つみたてNISA」ではなく、銀行預金を優先すると思います。

「投資」なので、暴落時もある…そんな時、困ったり、慌てたりしないよう、預金とのバランスや今後の予定、目的…そういったお金の見通しを立ててみて判断するのが大事かなと思います。

 

③「つみたてNISA」今後の見通しと目標!

私は現在、専業主婦ですが、下の子が幼稚園に入園し、日中の1人で過ごす時間ができました。(今まで常に子どもと一緒だったので、かなり身軽に…)

この先、仕事を始めたい!と思っています。「つみたてNISA」の為だけではないですが、働いて収入を得たい理由の1つに…

まだ今後の収入は未知数ですが、収入を増やすことだけではなく、メリハリのあるお金の使い方で「つみたてNISA」を長く継続できる家計を目標に頑張りたいです!

 

以上、私の判断によりますが、もちろん夫にも話をしています。

最初、夫は「投資?大丈夫??」って感じでしたが、徐々に説得しています!笑

「投資」と言ってもいろんな種類があるのですが、全般的に敷居が高いとか、怖いって印象があるように感じます。私もそういう印象を持っていた時もありました。

ですが、興味をもって調べてみると、いろんな商品があり、そんな中「つみたてNISA」の仕組みであれば、労力も少なく取り組みやすいと思ったので、夫とともに2020年に「つみたてNISA」を始めています。

 

夫にも証券口座画面を見せると、増えているので「おぉ~!」となっています。

実際に数字で見えると、わかりやすくて良いですよね。

今のところ、順調に増えており、嬉しいですが、今後の動きはわからないので、浮かれすぎずにみていこうと思います!

 

 

夫婦で運用中「つみたてNISA」実績

2021年6月時点で9カ月、積立している「つみたてNISA」運用実績です。

【楽天証券】夫婦でつみたてNISA実績&銘柄(2021年6月)

 

夫の方は、先にポイント投資から始めました。

実際にカード決済で積立を始めてからは8カ月です。

【楽天証券】夫婦でつみたてNISA実績&銘柄(2021年6月)夫

夫婦で積立している投資信託銘柄は変えていますが、どれもランキング上位の銘柄で手数料が安いインデックスファンドです。今のところ、大きな差はなさそう…

 

夫の方はポイント分などもあって、毎月33,000円ではなかったです…(変更したいと思います!)

夫の分は、ポイント投資は500ポイント分(SPUの上がる条件分)で設定しています。

ポイントを全額投資してしまうと寂しいようなので…笑

 

私は「使えるポイントを全額」と設定していますが、ほぼ投信積立しか利用がないので、その利用分につく楽天の通常ポイント(300~400程度)がポイント投資になっています!

 こちらに楽天証券のポイント投資の流れを書きました↓

www.konotokiroku.com

 

 

 

夫婦とも楽天証券「つみたてNISA」を楽天カード決済

夫婦とも楽天証券で、楽天カード決済を利用し「つみたてNISA」で積立しています。

楽天証券では、投資信託楽天カードで決済すると1%のポイント付与というメリットがあります。

このメリットが大きいですが、もともと楽天カードも利用していたので馴染みもあり、『楽天証券』を選びました。

口座未開設の方はチェックしてみてください♪

楽天証券・口座開設キャンペーン

 

投信積立の楽天カード決済は、本人名義のカードが必要です。

もともと楽天の家族カード(主に生活費用として)を利用していましたが、「つみたてNISA」を始めるために私名義の楽天カードを新規で作りました。

こちらで詳しく書いています↓ 

www.konotokiroku.com

 

夫婦で「つみたてNISA」をすることになると、口座開設などの手続きは倍になりますが、終わってしまえば、毎月、自動で積立されます。 

つみたてNISAの状況は、楽天証券にログインすれば、簡単に確認することができますし、設定すれば、お知らせメールを受け取ることができ、安心です。

 

私は毎日の値動きを見たりすることはせず、長期運用なので、あまり気にしないようにしています。今、月1~2回、実績を見るぐらい!長く見守っていこうと思います。

 

*私は家計管理として、 預金や投資など資産残高を毎月一覧表にしています

www.konotokiroku.com

ふるさと納税楽天で!メインは食費が助かるお米♪

www.konotokiroku.com

*買い物の効率を求め、日用品を楽天でまとめ買い!

www.konotokiroku.com

 

読んでいただき、ありがとうございました。

少しでも参考になれば、嬉しいです。

ではでは

スポンサーリンク