クレジットカードの引き落としを夫婦で同じ口座に!『家族カード』利用中

私たち夫婦は生活費のほとんどを「クレジットカード」支払い

生活費用のクレジットカードは、『夫』本名義、『妻』家族カードとして発行しています。

なぜ『家族カード』を利用しているかというと、引き落としが同じ口座で便利だから!

生活費の把握や家計管理のため、「夫婦で同じ口座にしたい!」という方もいると思います。

「家族カード」のどんなところが便利か?私たち夫婦の実例を紹介してみます。

”家族”を対象とした『家族カード』

クレジットカードの本契約者の配偶者や子どもなど、”家族”を対象に発行できる「家族カード

本契約者に紐づいている「家族カード」は、引き落とし口座は本契約者の口座、ご利用可能額も本契約者の範囲…と本カードの一部といった感じです。

といっても「家族カード」自体は、見た目や機能は通常のクレジットカードと変わらず、名義も使用する家族名で発行されます。

クレジットカードを家族間でも貸し借りは不可

「家族カード」として発行すれば、本カードと同じ条件で利用でき、使いやすい!

私は今まで2社で「家族カード」を使いましたが、見た目や使い勝手は、通常カードと変わらず「家族カードだから」って困ったり、恥ずかしく思ったことはないです◎

現在、楽天カードの「家族カード」をスマホ決済の「楽天ペイ」でも使っています。

スマホを出すだけで支払いが済むのが便利ですね!

『クレジットカード』のポイントを活用したい!

私達夫婦の場合が「夫」がクレジットカードの本契約、「妻」の私が「家族カード」を利用しています。

結婚当初は「現金派」だったのですが、家計管理に取り組むうち「クレジットカード」派に!

クレジットカードで貰えるポイントを上手く活用したい!という理由からです。

口座振替や現金払いをしていたところを「カード払い」にするだけで、ポイントが付くならその分お得だと思ったから。

そのとき「家族カード」という制度を知り、今でも使い続けています。

ただし注意しているのは、クレジットカードも現金と同じ感覚で使うこと

私達夫婦は、今まで「一括払い」しか利用していないですし、利用明細や引き落とし口座も毎月チェックしています。

ポイントが付くからといって、買いすぎたりしないように…ですね!

「家族カード」を使って、生活費を管理

私は出産を機に仕事をやめ、今も専業主婦です。生活費は、夫の給与内でやりくり!

クレジットカード支払いは、毎月固定で支払うスマホ料金や、電気やガスなど、カード支払いができるものはすべてまとめています。こういった契約は、世帯主として夫が契約者なので、支払い時は夫名義の本カードを使っています。

私の「家族カード」の使い道は、主に日常の買い物。スーパーで食料品、ドラッグストアで日用品、子ども用品などですね。

日常の買い物担当は私ですが、「夫」に買い物を頼むこともあります。

夫は「お小遣い制」なので、生活費にあたる買い物などで「現金払い」をした時は返金しています。

このとき『生活費用のカード』を使って支払えば、「返金」など、お金のやり取りをしなくてもOK!

休日の出掛け先で、別行動になり、夫が子どもにお菓子を買ったり…ってこともあるのですが、それぞれが『生活費用のカード』を持っていると、こうした場合も使い勝手が良いです◎

「本カード」と「家族カード」は 利用明細が1つ

「本カード」と「家族カード」は、利用明細も1つになります。

私達夫婦は楽天カードを利用中です。

楽天カードの場合、本カード契約者で利用明細を確認すると、一覧で確認することができ、「本人」「家族」の利用者名も表示されているので、どちらのカードで支払ったかも分かりやすいです。

下は楽天カードを参考にしたイメージですが、「家族カード」の制度は他のカード会社にもあります。今使っているカード会社で調べてみるのも良いですね。

私達は生活費の支払いをほぼクレジットカードにまとめています。

さらに引き落とし先の銀行口座は、「夫」の給与口座にしています。

収入も支出もほぼこの口座なので、お金の出入りがわかりやすいです。

(子どもの園と小学校が引き落とし銀行が指定なので、別々になっています~)

家計管理をする上で、現状を把握しやすく、お金の流れがシンプルで、この方法は気に入っています。

というわけで、私達夫婦は「家族カード」を利用しています。

クレジットカード会社によりますが、私のように専業主婦で収入のない場合、カード名義は「妻」でも引き落とし口座は「夫」といったように設定することもできます。

ちなみに楽天カードは↑のような契約は不可!

ただその場合、利用明細は各カード名義で分かれてしまい、まとめて見ることはできません。

私もそのようなクレジットカードもあるのですが、生活費を管理する上では「家族カード」で利用明細も同じになった方が分かりやすかったです。なので私としては「家族カード」の方がおすすめ!

家計管理を学ぶために読んだ本

私はお金の本も定期的に読んでいます。「お金」関係が好きなので…笑

少し前ですが、私は新婚時に図書館で借りて読んだ本。

Amazonプライムで、無料になっていたので久しぶりに再読しましたが、お金を管理する上での考えには、なるほど!となります。

この本の中で、お金にはステージがあり、まず第一ステージは「お金を管理する」

それができるようになったら、第二で「お金を学び」、第三ステージで「お金を活かす」へと段階を踏んでいきますとありました。

振り返れば私もこの段階を経て、今は”お金を活かす”「投資」を始めています。

この本の中では”貯金”できない人への方法として、クレジットカードはおすすめされていませんが、きちんと軸を持って、支出をコントロールできるのであれば、クレジットカードも上手く活用できます。

クレジットカード活用の前に、この第一ステージの「”お金を管理する”ことができているのか?」と自分の状態を見極める必要がありますね。

Amazonプライムも活用中!

コロナ禍の中、子ども達と鬼滅の刃を観る目的で加入しました。

Amazonプライムでは、読み放題の本もあって、自分のスマホにkindleアプリを入れて読んでいます。

図書館も好きだったのですが、息子が小さい時に借りた本を破いてしまったことがあり、それ以来、図書館を控えるように…

Amazonプライムは月額500円(税込)で、本だけで考えても新品1冊より安いです◎

ドラマや映画、アニメも観るので、大満足なサービス♪

Amazonプライム

(買い物はAmazonより、楽天が多いです!笑 上手く使い分けてます!)

生活費カードは「楽天カード」を夫婦で利用中!

今、私達夫婦が生活費用のカードとして利用しているのは「楽天カード

以前は大手銀行系のクレジットカードで「家族カード」を利用していました。当時は、あまり知識もなく、とりあえず夫の持っていたカードので「家族カード」に申し込み。

そのクレジットカードを使い始めてから1年ほどすると、ポイントも貯まり、商品券が貰えたり…とポイントの活用を実感したのですが・・・

年会費が掛かっていたり、ポイント率も高くはないことに気付きました!

そこから「クレジットカード」を調べ、ポイント還元率の良いカードに変えることに…

そこで、選んだのが「楽天カード

100円に付き、1ポイントで、ポイントの貯まりやすさが選んだ理由!

(*一部、ポイント率が違うもの、対象外のものがあります)

そして楽天ポイントは、現金のように支払いに使えるお店も多く、使い勝手が良いです。

我が家は、家族でのお出掛けや外食、ドラッグストアなどで使っています◎

コンビニ、くら寿司やマクドナルド、子ども達も小さいのでこういったお店で使えるのは嬉しい!

また近くのドラッグストアが楽天ポイント対応なので、支払いにも使え、ドラッグストアのポイントとダブルで貯まるのも良いです◎

楽天カード以外にも『楽天』利用中

2019年に使い始め、今ではカード以外にも楽天を利用しています!

お金を学び、活かす仕組みになるように、実行しています♪

楽天ふるさと納税でお米の定期便お米代の節約に【楽天】ふるさと納税で「お米」定期便!秋からの新米を半年分で申し込み♪ 夫婦でつみたてNISA!楽天証券【楽天証券】つみたてNISAを夫婦で積立中♪夫婦で『つみたてNISA』を始めた理由と運用実績!

サブとして「イオンカード」も利用中

サブとして、ガソリン用にイオンカード(「コスモ・ザ・カード・オーパス」)も利用中です。

小さい子ども連れで買い物というと『イオン』が便利で、休日によく行きます。

ガソリン用に作りましたが、お客様感謝デーなどの対象なので、イオンカードは持っていて良かったです◎

ただ我が家からイオンが少し遠いので、行けるのが「休日のみ」

なので、我が家ではサブ利用になっていますが、イオングループのお店がメインの方は良さそう!

イオンカードも「家族カード」制度があります。気になる方は見てみて下さい。

さいごに

今回は、私達夫婦が活用中の「家族カード」についてまとめてみました。

意外と「家族カード」という仕組みを知らなかった人もいるのではないかな~と思います。

私も知りませんでした!!

「家族カード」は定番の仕組みです。調べてみると、多くのクレジットカード会社が対応していることが分かります。楽天カード以外にもありますので、自分たちに合うカードを探してみて下さい。

家計管理を改善したいなら、今までのやり方から変えてみるのも◎

色々試さないと分からないこともあるし、合わなければ、またやり方を変えれば良い!そんな考えで、私はやっています。

我が家は「楽天カード これからも使います!

楽天カード2枚持ち!使い分けしています♪

楽天カード2枚目は「お小遣い」用に【クレジットカード使い分け】

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ではでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)